カリフォルニアワイン協会

統計 Statistics

以下は、カリフォルニアワイン業界に関する主要な統計数値です。販売量・金額、栽培面積、消費量・金額、生産量などについての過去の数値や世界の数値を参照するには、下記のWebサイトをご覧ください。
https://www.wineinstitute.org/resources/statistics(英語)

年間経済効果

カリフォルニアワイン業界は、州および国に以下の利益を与えています。

576億ドル
州への経済効果
1,140億ドル
国全体への経済効果
325,000件
カリフォルニア州における雇用件数
786,000件
国全体での雇用件数
172億ドル
州での賃金額
349億ドル
国全体での賃金額
2.49億ドル
カリフォルニアワイン業界から国全体への慈善寄付金額
152億ドル
州税と連邦税の金額
2,360万人
カリフォルニアのワイン産地への観光客数
72億ドル
観光客が州内で費やす金額

出典:アメリカ合衆国アルコール・タバコ税貿易局、BW166、ゴンバーグ・フレデリクソン報告書、グローバル・トレード・インフォメーション・サーヴィセズ、カリフォルニア州食料農業省。保税ワイナリーの軒数は、ひとつのワイン企業が複数有している施設数すべて、保税ワイン貯蔵庫数すべて、ひとつの施設を複数の保税ワイナリーが共有している場合の総軒数を、含んでいます。

カリフォルニアワインの概略(2018)

アメリカ最大のワイン生産州

カリフォルニア州では、全米のワインのうち81%が生産されていて、世界でも第4位のワイン産地になります。

3,900軒の保税ワイナリー

家族経営企業が主で、多くが幾世代にもわたって引き継がれてきています。上記の数は、別の場所にある2軒目のテイスティング・ルームや、製造設備のない保税ワイン施設を除いたものです。

2.48億ケース

アメリカ合衆国内市場で販売されたカリフォルニアワインの数量。

402億ドルの小売金額

アメリカ合衆国内で販売されたカリフォルニアワインの推定小売金額。

アメリカ合衆国内市場における61%のシェア(数量ベース)

アメリカ合衆国内で販売されるワインの5本のうち3本が、カリフォルニア産です。

14.6億ドルの輸出収入

アメリカ合衆国からのワインの輸出のうち、95%がカリフォルニア産です。
カリフォルニア州からの輸出数量は、4,170万ケースで、142か国に出荷されています。

5,900軒のワイン用ブドウ栽培農家

持続可能なワイン生産における、私どものパートナーです。

242,400ヘクタール(637,000エーカー)のワイン用ブドウ畑

ワイン用ブドウは、カリフォルニア州に58あるカウンティのうち、49で栽培されています。州内の合衆国政府認定ブドウ栽培地域(AVA)は、139を数えます。

428万トン(388万メートルトン)のワイン用ブドウを収穫

110種以上のワイン用ブドウ品種が栽培されています。

36.6億ドルの栽培農家からのブドウ買取り金額

カリフォルニア州内のワイン用ブドウについての、栽培農家からの買取り金額。金額ベースでは、カリフォルニア州における農作物のトップ3に入ります。